ゴルコンダ

ゴルコンダが出資馬として、初めてレコード&大差勝ちという偉業を達成してくれました。
札幌開催自体が少ないですし、レコードなんてたまたまだろうと思う方が多いのも、もちろんその通りです。
実際に私自身も、たまたま馬場が良かったからだと思っていますから・・・。
しかし、出資馬の名前が今後しばらく(最短だと今年のコスモス賞または札幌2歳Sまでですかね。)は札幌2歳の1800m戦では、コースレコードとして表示され続ける訳です。
(ナムラマースは実に13年間も表示され続けました。)
コレ、偉業以外の何者でもありません。
出資者としてこんなに嬉しいことはありません。

嬉しいので時計面について、もう少し。
出資馬としては最強だったベストディール(ケガさえしていなければスゴイ馬になっていたといまだに思ってます。)が、札幌2歳Sで出した時計が1:51.2で4着でした。
相手が種馬になったグランデッツァ、ゴールドシップという札幌2歳S史上最強コンビですから、勝てなくて当たり前だった訳ですが、その時の勝ち馬グランデッツァの時計が1:50.8でした。
(上記の2頭は、ここから成長して種馬まで登りつめた訳ですから、馬は本当に成長がないと話しにならない生物ですね。)
8年前の時計と比べるなんてナンセンスと、怒られそうなのでもうやめますが、少し夢が見れますよね。

あと、一出資者としてゴルコンダについて個人的な見解を書いておくと、ヴィクトワールピサ産駒のこの馬にキレを求めるのは無理がありそうです。
事実、新馬戦ではワーケアにあっさりかわされ、太刀打ちできませんでした。
ということで、目指すのはサイレンススズカのような馬がいいと思います。
理想としては毎回、ミドルペース以上で走って、自分の持ち時計程度(たまには持ち時計を更新)に毎レース走れる馬になれれば、上でも通用するのではないでしょうか。
ですので、目指せサイレンススズカぽい馬ですね。
(サイレンススズカは偉大すぎで、あんな馬にはなれるはずもありませんが、サイレンススズカぽい馬にはなれる可能性はありますよね。もし他の出資者様が見られて、そうじゃないと思われましたら、すみません。あくまで一出資者としての見解ですから。)

最後にもう一つだけ書いておくと、この馬は出資馬であるベストディール、オーダードリブン兄弟と違って、一口55万円の普通の安馬です。
でも、普通の安馬であるこの馬が、未勝利を勝った程度で今後どこまでいけるのか、どんな馬になるのかと妄想して楽しめますから、一口馬主的にはすでにプラスになったようなものですよね。

以上、未勝利を勝っただけで浮かれている、一出資者の戯言でした。

ゴルコンダ&トラインコンパス・札幌・未勝利戦

ゴルコンダ
7/27(土)札幌・芝1800m戦 ルメール騎手
前走、3着。
ワーケアには完敗だったけど、荒れた内を通って3着に粘りきったパワーと勝負根性はなかなか。
前走を見て洋芝は抜群に合いそうな感じだったので、札幌参戦は素直に嬉しい。
調教も良く、ルメール騎手騎乗でかつ小頭数なら死角はないかも。
勝利期待。
結果
ゴルコンダは優勝。
これは強かったですね。
洋芝適正が半端ないです。
次走がとても楽しみ。
ルメール騎手ありがとう。
しかしレコードプラス大差勝ちとは・・・。
こういう馬は初めてですね。


トラインコンパス
7/27(土)札幌・ダート2400m戦 横山武史騎手
前走、掲示板外しの6着。
これはピンチと思ったけど、札幌なら中一週で出走出来るらしい。
掲示板さえ外さなければ、中一週であと3回は使える。
前走を見るとダート1700m戦では勝てないと思ったので、2400mと一気に距離を伸ばしてきたのには好感。
1kg減の横山武史騎手も良い。
バテない強みを生かして追いまくってほしい。
結果
トラインコンパスは7着。
うーん、距離延長に期待したんですけど、向正面ですでに厳しそうでしたね。
勝ち上がりは厳しいかも・・・。
残念。


ゴルコンダ
7/27(土)札幌・芝1800m戦 ルメール騎手
前走、3着。
ワーケアには完敗だったけど、荒れた内を通って3着に粘りきった勝負根性はなかなか。
前走を見て洋芝は抜群に合いそうな感じだったので、札幌参戦は素直に嬉しい。
調教も良く、ルメール騎手騎乗でかつ小頭数なら死角はないかも。
勝利期待。

トラインコンパス
7/27(土)札幌・ダート2400m戦 横山武史騎手
前走、掲示板外しの6着。
これはピンチと思ったけど、札幌なら中一週で出走出来るらしい。
掲示板さえ外さなければ、中一週であと3回は使える。
ダート2400mと長めの距離もこの馬には合っていそうで、1kg減の横山武史騎手も良い。
バテない強みを生かして、追いまくってほしい。

7/13(土)〜7/15(月)の顛末

いつも過疎っているブログなんですが、グランティエラの特別勝ちとノルマンディーの高額馬出資で、先週末はワリと多くの方が来てくれたようです。
ということで一応のお礼?として、先週末に何をしていたかのご報告をしてみようかと。
まあスロットなんですが・・・。

先週、ノルマンディーのシャインパーミット17という馬に10口出資しました。
一口74000円なので合計740000円の買い物をしたことになります。
ただノルマンディーの一括キャンペーンというのがあって、今だと10%割引が適用されています。
740000-74000=666000円
さらにノルマンディーのポイントが12682ポイントあって支払合計は下記になります。
666000-12682=653318円

この65万強を来月末に払う必要があります。
ちなみにこの馬については、イレギュラーで出資しました。
ですので、お金の工面をどうするか考える必要があります・・・。
ということでヨコシマな考え方として、ジャグラーで来月末までに65万稼ぐかなどと考えてしまいます。

結果
7/13(土) -30000円
7/14(日) -20000円
7/15(月) -50000円

65万稼ぐどころか、グランティエラが特別勝ちで稼いでくれた、来月末に入るであろう額の半分程度?を、この3日間で吹っ飛ばしたことになります・・・。

来月末までに65万稼げるのか不安になってきますね・・・。
岡田牧雄さんがよく口にする「借金してでも買って下さい。」を実践することになるかも。

2019出資馬一覧

サンデー、G1、ノルマンディーで一頭ずつ出資

社台レースホース
オーダードリブン 1/40口

サンデーレーシング
トロシュナ 1/40口
ゴルコンダ  1/40口
キナウ18 1/40口

G1レーシング
トラインコンパス 1/40口
ラティチュード 1/40口
セブンスセンス18 1/40口

ノルマンディーオーナーズクラブ
グランティエラ 10/400口
ラフカディオ 10/400口
シャインパーミット17  10/400口

ノルマンディー4次募集

先日、社台・サンデーの1歳馬の申込をしたばかりで、ここにきてのノルマンディー2歳の4次募集。
この段階で2歳馬の申込ってどうなのか・・・。
ただ、ここまでノルマンディーの2歳には一頭も出資していない。
そのあたりも踏まえつつ、あまり育成の関係ない(?)トレーニングセール出身馬ということもあって、下記で申込してみました。

シャインパーミットの17 10口

サンデーでは一口25万と大半のノルマンディー馬よりも安い最安値の馬に出資。
対してノルマンディーでは最も高い馬に申込と、何か矛盾している気がしますが・・・。
まあ、でもなんとなく引っかかるものがあるので、いってみました。
ちなみにノルマンディーでは渡辺薫彦調教師には、かなりの期待を持っているらしいです。
理由は不明ですが・・・。
ということでラテラルアーク以来、久々にノルマンディーで高い馬に出資してみました。

グランティエラ・福島・鶴ヶ城特別 トラインコンパス・福島・未勝利戦

トラインコンパス
7/13(土)福島・ダート1700m戦 内田博幸騎手
前走、3着。
津村騎手で続戦と思っていたけど、さらに豪腕の内田博幸騎手で続戦となった。
前走を見ると、ムチがバシバシ入っても反応がイマイチだったから、確かに豪腕の内田博幸騎手は合いそう。
初勝利期待。
結果
トラインコンパスは6着。
ここで掲示板を外すのはキツイですね。
いよいよピンチかも。
ただ、今日のレースを見るとダートでは厳しいかもしれませんね。

グランティエラ
7/14(日)福島・鶴ヶ城特別 三浦皇成騎手
前走、大敗。
ただ、連戦の疲れもあったと思われる。
今回は中央に戻ってからこの馬で2勝と相性のイイ三浦騎手。
三浦皇成騎手の腕と相性の良さで、中央3勝目を期待。
結果
グランティエラは優勝。
特別勝ちは本当に嬉しい。
ノルマンディーの高い馬買って、来月の支払いは大変だわと思っていたところで、この特別勝ちはマジ嬉しいです。
三浦騎手ありがとう。
これからもずっと乗ってください。